スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【裁判】 「死んで欲しい」 9~15歳まで姉とともにレイプされた少女、吐露…鬼畜義父に懲役9年判決、動機「家族の結び付き確認」

2008年11月09日 06:29

・義理の娘に6年間性的虐待を繰り返したとして、強姦と児童福祉法違反の罪に問われた男
 (45)の判決公判が6日、甲府地裁で開かれ、懲役9年の実刑判決が言い渡された。

 判決で、渡辺康裁判長は「被害者が被害を申告できなかったことをいいことに、欲望の赴く
 ままに犯行に及んだもので、酌量の余地はない」と指摘した上で、「極めて悪質な犯行で常習性も
 顕著な上、人格・心情を無視する態度も甚だしい。被害者が受けた精神的、肉体的苦痛は甚大で、
 被害者の健全な育成に重大な悪影響を与えた」とした。

 これまでの裁判記録や判決によると、男は義理の娘の女児が12歳から15歳まで、13回の
 性的暴行に及んだとして起訴された。検察側によると、家族が寝静まったころを見計らい、
 女児が9歳のころからわいせつ行為に及んだ。

 男は多い時で2日に1回乱暴し、裸体を撮影するなどの行為にも及んでいた。発覚による
 家庭の崩壊を恐れた女児は「私が我慢すればいいんだ」とひたすら耐え続けたという。
 男は以前、女児の姉にも性的虐待を加えていて、姉が被害を訴えたために夫婦は離婚。
 しかし、男はその後も元妻宅に出入りし、被害女児への行為に及んだ。
 生活保護を受けていた母親にとって、男の経済的援助はかけがえのないものだった。男との間に
 子どももでき、完全に関係を断ち切ることはできなかった。女児が今年6月、教師に被害を打ち明け、
 男が警察に逮捕されるまで虐待は続いた。
 義父への思いを「死んでほしい」と捜査官に吐露した女児。「でも、そんなことができないことは私にも
 分かっている。死なないのならば、私にとっては同じこと。できるだけ閉じ込めてほしいとか、私が
 苦しんだよりも長く苦しめたいとは思わない。ただ、2度と顔を見たくない」と話したという。

 「家族としての結び付きを確かめたかった」と動機について理由にならない供述をした男。
 男は法廷で「何ということをしたのかと反省している。ただただ、申し訳ない」と涙声で話した。
 検察側は男の行為を「精神的殺人に等しい」とし、懲役15年を求刑していた。(一部略)
 http://www.sannichi.co.jp/local/news/2008/11/06/19.html

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2704-e2ec52f9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。