スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】 「『パチンコ=健全な娯楽』と国民に訴えるため、賞品を充実させ換金率を少なくして」…警視庁保安課が指導

2008年11月09日 04:53

・東京都遊技業協同組合が10月28日に開催した平成20年度経営者研修会の席上、
 警視庁保安課亀信樹主査が行政講話を行い、不正改造問題など8点について言及した。
 特に賞品問題に関しては、取りそろえの充実を要請し、遊技客による賞品の換金率の
 減少につながるような営業形態を求めた。

 亀主査はまず不正遊技機について言及。警視庁管内においてコネクタ外し、不正ロムの
 取り付けなどの不正改造事犯が見られると指摘した上で、経営者に対しては営業所の
 人事を含めた管理と実態を把握し、経営者自ら従業員に指導するよう要請した。

 また、賞品の取りそろえの充実については、一般の生活に供する多様な物品の
 取りそろえだけでなく、価格の面でも様々な物品をそろえるよう要請。
 さらに「賞品の取りそろえの義務の履行は、基本的には遊技客による換金を少なくして、
 営業の健全化に資するだけでなく、健全な娯楽であることを国民に訴えていくためにも
 重要」とも述べ、賞品の換金率の減少につながるような営業を求めた。

 その他、賞品の買い取り行為、広告および宣伝の規制並びに構造および設備の維持義務、
 固定ハンドル、射幸性の抑制、低額の遊技料金、認定遊技機について、それぞれ言及した。
 http://www.adcircle.co.jp/greenbelt/news/contents/2844.html
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2699-4a395765
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。