スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【脳】ヒトES細胞から大脳組織を作製…理研グループが世界初、大脳皮質特有の電気信号も出し自発的神経活動も確認

2008年11月06日 05:56

人のES細胞から大脳組織を作製…理研グループが世界初

 様々な臓器の細胞に変化できる人の胚(はい)性幹細胞(ES細胞)から、大脳の組織を
作り出すことに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の
笹井芳樹グループ・ディレクターらが世界で初めて成功した。

 新型万能細胞(iPS細胞)でも可能といい、アルツハイマー病などの原因解明や再生医療、
新薬開発への応用が期待される。科学誌セル・ステムセル電子版で6日、発表する。

 研究グループは約3000個の人のES細胞を直径0・2ミリ・メートルの粒状に固め、
神経細胞に変化しやすくなる成分を加えて50日間培養。粒は大きさ1~2ミリ・メートルの
マッシュルームのような形に成長し、内側に胎児の大脳皮質と同じ4種類の神経細胞の層が
できていた。大脳皮質特有の電気信号を出すなど、神経活動も自発的に行うようになった。

 今後、大人の大脳皮質と同じ6層構造の組織作製を目指す。笹井さんは「生体により近い環境で、
薬の副作用やワクチン開発などの研究を進められる。将来は傷んだ神経の再生医療にもつながる」と
話している。

(2008年11月6日03時06分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20081106-OYT1T00009.htm?from=main1
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/2662-8666d59a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。