スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【毎日新聞】はびこる匿名文化-ネットでの特定の人間に対する誹謗中傷の書き込みやコメント、問題だ 鳥越俊太郎

2008年08月19日 15:29

★はびこる匿名文化 鳥越俊太郎ニュースの匠

 アメリカの新聞記事はほとんどの場合、バイライン(署名)があるのに、日本の新聞
にはなぜ署名記事が少ないんだろう?
 これは私が42歳で毎日新聞社を休職し、1年間アメリカの地方紙(クェーカータウン
・フリープレス)で仕事をしていたとき以来、 ずっと考え続けていたことでした。
 帰国後もこの時抱いた疑問が胸深く残り、現在では①インターネットの匿名書き込み
問題②テレビのモザイク・首なし映像問題③警察の容疑者及び被害者などの匿名発表問
題―――という三つの問題点について考えています。
 日米の間に横たわる実名性(匿名性)のギャップについては、今では恐らく日米の文
化や社会のありようの差に基づいていると推察しています。
(中略)
 これに対し、日本は責任が個人より会社や団体に帰属していることが多く、さらに濃
密な人間関係を前提とする“ムラ社会”であるため、実名公表はその後の生活を困難に
すると考えられています。
 その結果、日本では「匿名で意見を発表してもいいんだ」という暗黙の了解文化がは
びこっていました。その典型的な実例がインターネットで花を咲かせている掲示板など
の書き込みやブログを炎上させてしまうコメントなどです。
(中略)
問題なのは警察沙汰にまでは至らないものの、特定の人間に対する誹謗中傷のたぐいの
書き込み、コメントです。
 口汚い罵りの言葉をつらねた文章が今日もインターネットにはあふれています。
匿名だからできる。これは所詮徒花にすぎません。

■ソース(毎日新聞)(2008年8月18日 7面よりぽこたん( ・∀・ )φ ★記者が書き
起こし)(中略部分は有志の写真で)
http://kissho.xii.jp/1/src/1jyou45599.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tottokotottoko.blog55.fc2.com/tb.php/1544-9bd3f152
    この記事へのトラックバック

    鳥越俊太郎のこと

    鳥越俊太郎とはWikipediaより -- 鳥越 俊太郎(とりごえ しゅんたろう、男性、1940年(昭和15年)3月13日~)は、日本のジャーナリスト(自称、ニュースの職人)である。福岡県浮羽郡吉井町 (福岡県) 吉井町(現:うきは市)出身。血液型AB型。ラジオパーソナリティの鳥越...



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。